※本ページはプロモーションが含まれています

【キラウエア火山】個人観光で気をつけたいこと6つ【体験談】

キラウエア火山の個人観光で気をつけること ハワイ島

ハワイ島のジュリです。

過去3回、キラウエア火山に個人観光で行きました。

体験談を元に、キラウエア火山を個人観光するときに気をつけたいことを6つ紹介します。

スポンサーリンク

雨が降らないか確認しておく

一番大事だと思います。

天気予報で雨が降らないか確認します。

もし雨が降ることが分かっていても、その日に行くしかない時は、キラウエア火山の女神・ペレ様に祈ります。。山の天候は変わりやすいので、雨が止む可能性もあるからです。

過去に雨が降った時は、溶岩が見えず、ガックリ・・・。

日中に、ブラックサンドビーチなど他の観光地も回っていて、本当に良かった!!

キラウエア火山
溶岩が霧で見えん・・・
スポンサーリンク

日没の1時間前には火山公園に行く

一番混む時間帯は、火山活動中の日没前。

過去に駐車場がいっぱいで、観察場所からかなり遠いところに停車しなければならない時もありました。

なので日没の1時間前には、火山公園に行くようにしています。

その日の予定が他になければ、2時間前に到着して、溶岩トンネルを探索するのもおすすめです。

もし日没に間に合わなくても、残念がる必要はありません。キラウエア火山が最も美しい時間帯は、日没後だからです。星の瞬きしか見えない暗闇の中から、溶岩の赤い光が浮かび上がる景色は、本当に美しいです。

溶岩前で綺麗な記念撮影をとるコツ

溶岩をバックに写真撮影する時は、日没後に数十分待つと人が減って撮影しやすくなります。

スマホのライトでカメラ側から顔に光をあて、シャッターを切ると、暗闇でも顔がはっきり撮れます!

カメラに詳しい人でないとやや難しいので、予行練習してから行くのがおすすめ。

キラウエア火山前で記念撮影
一眼レフで撮影。カメラ側から携帯の光を顔に当てると表情までとれる

服装は長袖長ズボン・靴を履く

キラウエア火山の標高は約1200メートル、平均気温は17度くらいです。

日没後は結構寒いので、長袖長ズボンがいいと思います。

ハワイは北半球にあるので夏は暑く、冬は涼しく、日本よりも赤道に近いので寒暖差は少ないです。

が、キラウエア火山のような標高が高いところは、普通に寒いです。

10月に訪問した時は、風も強かったので、厚手のジャンバーを着ていてちょうど良いくらいでした。

砂利道もあるので、足元は靴をおすすめします。サンダルだと転びそうで怖いです。私は靴を車に積んで、火山公園に着いたら履き替えていました。

トイレの場所を確認しておく

キラウエア火山国立公園内のビジターセンターにトイレがあります。

ただし、5時に閉まるので注意です。

Googleマップでtoiletと検索するといくつか出てきますが、現在も利用できるかは未確認です。

ビジターセンターが閉まる前にトイレポイントを確認しておくか、火山公園から車で30分のところにあるセブンイレブンまで我慢するか、決めておくといいと思います。

帰りのトイレ休憩所を確認しておく

日没後に帰路に着く場合、帰りは深夜になります。

トイレ休憩のポイントは確認しておきたいです。

わたしがいつも立ち寄るのは、下の2つです。

①セブンイレブン

店外に簡易トイレがあります。

ただし、電気はないので真っ暗です。ドア前で交代して利用するのをおすすめします。ハワイといえどアメリカなので、一人での利用は危険です。

また、近隣にもう1件セブンイレブンがありますが、そちらはトイレがないので注意です。

② Rest Stop Bathrooms And Playground

コナとヒロを結ぶ道、通称サドルロードにあるトイレ休憩所です。

とても綺麗なトイレで、夜中も電気がついているので、安心して使えます。

カイルア・コナ方面に帰宅する場合は、使い勝手のいい休憩所です。

駐車場からは星もよく見えます。

夜の道はかなり暗いので注意

ハワイでは日本の免許証を持っていれば、運転することができます。

ただし、ハワイ島の夜道は、日本の田舎道よりもかなり暗いので注意が必要です。

わが家ではサドルロードを走っているとき、野生のヤギが飛び出してきたり、雨天で霧がかかってしまい運転するのに眺めが最悪だったりしたことがありました。

運転手の夫は、火山観光するたびに次の日はげっそりです・・・。カイルアコナまで往復5時間かかるので、集中して運転するとけっこう疲労が溜まるそうです。

運転に不安があったり、次の日にも観光の予定がある場合は、ツアー会社に頼んだ方が安心だと思います。

スポンサーリンク

まとめ&観光情報

  1. 雨が降らないか確認しておく
  2. 日没の1時間前には火山公園に行く
  3. 服装は長袖長ズボン・靴を履く
  4. トイレの場所を確認しておく
  5. 帰りのトイレ休憩所を確認しておく
  6. 夜の道はかなり暗いので注意

観光情報

ジュリママ
ジュリママ

Big Jinさんの動画がめちゃくちゃ分かりやすい!こちらを参考に今週末に観に行こうと思っています!

スポンサーリンク