海外で日本の本を読む方法3選〜読み放題や無料アプリも

※当サイトではアフィリエイト広告を利用して商品を紹介しています。

海外でお勧めの電子書籍サービス 海外移住・一時帰国

海外でもネットがあれば、日本の本やマンガを手軽に読めます。

この記事では、日本の本やマンガを年間200冊ほど楽しんでいる筆者が、日本で暮らしていた時から愛用している電子書籍サービスを紹介☆彡

海外で日本の本を読む方法3選

  1. Kindle Unlimited〜海外でも日本の本が読み放題
  2. コミックシーモア〜海外からでもマンガ・ラノベをお得に読める
  3. ゼブラック〜ジャンプ系などの超大作マンガを無料で読み返せる

Kindle Unlimited〜海外でも日本の本が読み放題

Kindle Unlimited

Kindle は、Amazon が運営している電子書籍です。

 

その中でも Kindle Unlimited(キンドル・アンリミテッド)は、月額980円で読み放題のサービス。

 

メリットは、蔵書数が200万冊と豊富なこと。

調べ物をするのに向いています。

 

一方、デメリットは、最新刊は対象外が多いこと。

 

とはいえ、ワタシは流行りの本を読むより、一つのテーマに絞って並行読みするタイプなので、そこまで困ったことはないです。

本当に読みたいと思った本は年1くらいであるので、それは買って、著者に課金しています☆彡

 

→ Kindle Unlimited で読める本を見てみる

コミックシーモア〜海外からでもマンガ・ラノベをお得に読める

コミックシーモア

コミックシーモアはマンガやラノベに特化した電子書籍サービスです。

なので、マンガやラノベの新刊なら、シーモアがダントツでおすすめ。

 

理由は、シーモアは新刊にも使える割引クーポンを毎月発行しているから。

 

例えば、小説やラノベは毎月3冊まで20%OFF。

また、定期的に30〜50%OFFクーポンも発行しています。

タイミングを待てば、マンガもお得に買うことができるんです。

 

他社と比べても、クーポンがスゴい

 

ワタシは月1〜2万ほど、マンガやラノベをKindleで買っていました。

が、シーモアにのりかえてから、クーポンを使うになったので、かなりの節約に。

 

もっと早く気づいたら安く済んだのに…

 

とはいえ、やっぱり使い過ぎてしまうので、最近は月額チャージ機能を使っています。

月2,000円まで課金して。
※金額は選べる

月額解約はいつでもできるので、使い勝手はかなりいいです。

ゼブラック〜ジャンプ系などの超大作マンガを無料で読み返せる

海外からも利用できる電子書籍サービス
ゼブラック

ゼブラックは、マンガを一日一話ずつ無料で読めるサービス。

 

HUNTER×HUNTERやキングダムなどの超大作を、ある程度まで読み返せます。

 

紙で読んでたけど、海外に持って来れなくて。

でも、オンラインで全部そろえるのはお金がかかるしな、っていうときにおすすめ。

HUNTER×HUNTERは3周したかもしれないです。

 

例えばこんなのを読めます↓

  • ゴールデンカムイ
  • 東京喰種
  • 君に届け
  • 推しの子

まとめ

海外からでも日本の本やマンガは普通に読めます。

ネット社会ってすばらしいわ!

 

今回紹介した3つは、筆者が海外で2年以上は使っているサービスです。

特に、ゼブラックは無料なのでおすすめです。

コメント