ハワイ島の魅力に迫る!コナコーヒーの特徴とグレード

コナコーヒーの特徴ハワイ生活

こんにちは、ハワイ島在住のジュリです。

わたしはコーヒーに関心のある、いち消費者です。コナ地区に移住して、近所のコナコーヒーの木が白い花を咲かせているのを見たり、カフェでコナコーヒーを味わったりするようになってから、コナコーヒーの魅力について調べ始めました。そして、コーヒーはワインや日本酒のように、素材の品質や製造過程、淹れ方、食べ物とのマリアージュなどによって、その味や風味が変わるおもしろい飲み物だということを知りました。

コナコーヒーはやわらかな酸味とすっきりとした味わいが特徴です。そんなコナコーヒーはハワイ島の一大産業となっています。このページでは、コナコーヒーが栽培されている土地・気候の特徴から、購入の際に参考となるグレードまでまとめています。

コーヒー初心者の方が、自分好みのコナコーヒーを見つける際の参考になれば幸いです。

コナコーヒーとは?

世界三大コーヒーに、ジャマイカのブルーマウンテン、タンザニアのキリマンジャロ、そしてハワイのコナがあります。

このハワイのコナコーヒーは、ホノルル州ハワイ島のコナ地区で栽培されています。コナ地区はミネラルが豊富な火山灰の土壌と、朝は晴れて午後は雨が降る特有の気候がコーヒーの栽培に適しているため、辺り一帯はコナ・コーヒー・ベルトとも呼ばれています。

コーヒーに味の違いが出る理由

わたしなりにコーヒーに味の違いが出る理由を4つに分類しました。コーヒー初心者の方が、自分の好みの味を見つけていく際の参考になれば幸いです。

コーヒーの味の違い

① 精製方法の違い

コーヒーの実をコーヒー・チェリーと呼びます。

このコーヒー・チェリーから生豆を取り出すには、大きく分けて2つ方法があります。

一つは収穫後すぐに水力で実から豆を取り出すウォッシュド、もう一つは実を天日干しして乾燥させてから豆を取り出すナチュラルです。ウォッシュドはよりクリーンな味わいに、ナチュラルは発酵した果物のような風味が感じられる味わいになります。

ナチュラル精製はブラジルやエチオピアなど雨の少ない産地で取り入れられていることが多いです。一方で、ハワイ島コナ地区は日中雨が降ることが多い土地柄のため、ウォッシュド精製の農家さんが多いです。

初心者の方は、ぜひウォッシュドのコーヒーと、ナチュラルのコーヒーを飲み比べてみてください。香りや味がまったく異なることに、驚くと思います。

② 焙煎度合いの違い

生豆を加熱して炒ることを焙煎(ばいせん)といいます。焙煎すると生豆は化学反応を起こしてコーヒー特有の香りや風味が出ます。

焙煎度合いは大きく3つ、LIGHT、MIDIUM、DARKがあります。LIGHTに近づくほど酸味が強く、逆にDARKに近づくほど苦味が強くなるのが特徴です。

コーヒーの焙煎度合い

ここで興味深いのは、焙煎度合いは店によって異なるということです。焙煎度合いは世界標準規格のような統一された指標がないのです。なので、例えば同じ「MIDIUM」表記でも、店によってどの程度炒っているかの度合いは微妙に異なります。

ジュリ
ジュリ

店側が最もおいしいコーヒーになる焙煎度合いを、豆に合わせて調節しているんですね。

初心者の方はまずはMIDIUMを飲んでみてください。そして、酸味を足したいか、苦味を足したいかで好みの焙煎度合いを選ぶといいと思います。もしくは、お店で買えるならばお店の人におすすめを聞くのが最も良いと思います。

③ コーヒーの淹れ方の違い

カフェでコーヒーを購入する際には、どうやって淹れるのか観察してみるとおもしろいです。

淹れ方は大きく3種類あります。全て機械でコーヒーを煎れるオートドリップか、全自動ではないもののやはり機械を使うセミオートか、人の手で煎れるハンドドリップです。

特に、ハンドドリップでおいしいコーヒーを淹れるには、技術が必要です。ハンドドリップを売りにしているカフェでは、一味違う一杯が飲めると思います。

このハンドドリップの技術は、国内外問わず、コーヒー競技会で審査されています。わたしは以前、コーヒー競技会に出場されている技術者からコーヒーを淹れてもらう機会がありました。香りが良くて、まるでフルーティーな紅茶のようで感動したのを覚えています。コーヒーに興味を持つようになったのは、おいしい一杯を体験したことも理由の1つです。

逆に、コーヒーショップで試飲して気に入った豆を購入し、自宅でハンドドリップしたら、おいしくなくて驚いたこともあります。「一袋30ドルもしたのに!」と絶望しました。コーヒーマニアの友人に相談したら、原因はエスプレッソ用に細かく挽いた豆を、ハンドドリップして飲んでいたことでした。夫がエスプレッソ好きでそれ用に細かく豆を挽いていたんです。コーヒーの飲み方によって豆の粒度を変えて旨味成分を適切に抽出する必要があるなんて、なんて物理的でおもしろい飲み物なんだと思いました。

④ グレードの違い

昔、コナコーヒーが貴重で価値が高いことから、粗悪品や偽物が出回ることがあったといいます。

今は、農家さんがハワイ州の品質管理局に豆のグレードの検査を依頼して、品質が証明された豆のみコナコーヒーとして販売ができます[1]。

グレードを決める指標は、コーヒーのブランドによって異なります。

ハワイ州ではコナコーヒーの指標を4つ定めていて、①欠陥豆の含有量、②豆の水分量、③生豆の色、④豆の大きさ、で評価しています[2]。

そして、品質が高い豆は5グレードに分けられます。最も品質の高い豆が EXTRA FANCY (エクストラファンシー)です。その後に、FANCY、NUMBER1、SELECT、PRIMEと続きます。

コナコーヒーのグレード
品質の高い豆のグレードはEXTRA FANCYからPRIMEまで。EXTRA FANCYからNUMBER1までは③生豆の色、④豆の大きさも指標に含まれる。
ジュリ
ジュリ

NUMBER1は上から3番目のグレードなんですね。

コナコーヒーのこそこそ話

他のコーヒーと比較してどうして高いの?

コナコーヒーは他の国のコーヒーと比べて値段が高く設定されています。その理由は大きく3つあると考えています。

一つは、生産量が限られているからです。ハワイ島は日本の岐阜県と同じくらいの大きさです。その小さな島のうち、コナ地区でとれて且つ品質の良い豆だけをコナコーヒーのブランドを掲げて販売・輸出することができます。

二つ目は、アメリカで作られているコーヒーだからです。ハワイ州は米国でも数少ないコーヒーを栽培している州です。そして、農園で働く人々は米国の物価に合わせた適正な価格の賃金が支払われています。

三つ目は、ハワイ島が太平洋の中心にある島だからです。島から輸出するには相応の費用がかかっています。

まとめると、コナコーヒーは生産量が限られて、アメリカの物価に合わせた人件費がかかっていて、そして太平洋の中心にある島から輸出するため、価格が高いのです。

「価格が高い」と繰り返し説明しましたが、実はお店でコナコーヒーをいただくのではなく、自宅で淹れて楽しむならば、一杯の値段は驚くほど高くはなくなります。そんな訳で、コナコーヒーはハワイ島が大好きな世界中のコーヒーマニアから根強く愛されている、ニッチな嗜好品なのです。

グレードがパッケージに書かれていないのはなぜ?

スーパーやオンラインショップでコナコーヒーの袋を見ると、グレードが書かれていないものがあることに気づきました。気になってハワイ州 品質管理局のドキュメントを調べたところ、以下の通りに書いてありました。

p143-7
“Geographic region” means the geographic areas designated as follows: Hamakua is the district of Hamakua on the island of Hawai’i, as designated by the state of Hawaii Tax Map; Hawaii is the State of Hawaii; Hawaii Island is the island of Hawai’i, as designated by the State of Hawaii Tax Map; Kauai is the island of Kaua’i; Kona is the North Kona and South Kona districts on the island of Hawai’i, as designated by the State of Hawaii Tax Map; Maui is the island of Maui; Molokai is the island of Moloka’i; and Oahu is the island of Oahu.

p143-10
“Kona coffee” means green coffee processed from cherry coffee which is grown in the geographic region of Konaand which at least meets the minimum requirements of Kona prime green coffee.

p143-12 
“Offgrade” is a descriptive term applicable to coffee which has a market value, and designates a quality lower than Hawaii No.3 grade for green coffee, or the grade terms defined in section 4-143-11 for natural coffee, or the grade terms defined in section 4-143-12 for mixed natural coffee.

p143-19 
(f) (中略)Use of the terms “Kona”, “Kauai”, “Maui”, “Molokai”, “Oahu”, or “Hawaii Island” in conjunction with the term “No.3” is prohibited.
(g) Offgrade is not a grade within the meaning of these standards but is a descriptive term applicable to green coffee which has a market value and designates a quality lower than Hawaii No.3 green coffee. Use of the terms “Hamakua”, “Hawaii”, “Kau”, “Kona”, “Maui”, “Molokai”, “Oahu”, or “Hawaii Island” in conjunction with the term offgrade is prohibited.

The Hawaii Department of Agriculture’s, HAWAII ADMINISTRATIVE RULES

つまり、「Kona Coffee」と記載してハワイ州で販売したり輸出できるのは、ハワイ島のノースコナかサウスコナ地区でとれた、グレードが PRIME 以上の品質の高い豆のみ、ということになります。

なので、パッケージにグレードの記載がない場合は、わたしは「PRIME以上の品質の良い豆なんだ」と解釈して購入しています。

品質が高い豆でも試飲では感動しないときがある

ハワイ州では、コナコーヒーの PRIME グレードでは欠陥豆を許容する範囲を最大15%までと定めています[3]。

わたしはこの範囲を初心者の舌でも味の違いが感じられる、大きい範囲だと考えています。一番品質の高いEXTRA FANCYの欠陥豆は8%までと定められています。同じPRIME グレードといえども、農家さんによっては EXTRA FANCYと同じように欠陥豆を最大8%までに留めている豆もあるでしょうし、逆に15%の既定範囲ギリギリの豆もあるでしょう。なので、わたしはパッケージにグレードが書かれていないコナコーヒーは、一度試飲してみて好みかどうか確認するのがベターだと思っています。

また、お店のテイスティング用のポットに入ったコーヒーを飲んだときに「先日はおいしく感じてパッケージを購入したのに、今日はあまりおいしく感じられないな」ということがありました。コーヒーは入れてから時間が経つと風味が変化したり、そもそもコーヒーを淹れる人の技術によってその豆のポテンシャルを引き出しているかが変わるので、試飲だけでは判断できない場合もあるのだと思っています。

わたしの結論としては、「Kona Coffee」とパッケージに書かれているならば、コナ産でグレードはPRIME以上だと保証されている。ただ、できるなら試飲したほうが良いし、試飲してもし感動しなかったとしてもその豆のポテンシャルを最大限に引き出しているかわからないから、やっぱり自分で淹れて飲んでみよう、ということです。

ジュリ
ジュリ

新しいコーヒー豆を試すのは、小さな冒険のようです〜!

自宅でコーヒーをハンドドリップする際のポイント

コーヒーをハンドドリップする際に、おいしく入れるポイントはいくつかあります。

  • 豆を挽くときの粒度は適切か
  • 豆と水の分量比は適切か
  • お湯の温度は適切か
  • お湯を注ぐタイミングや時間は適切か

自分の好みになるよう、少しずつ調整しながら飲むのは、ちょっとした実験のようです。

コーヒー技術者の入れ方を観ると、コーヒー豆とお湯の量を計り、お湯の温度を測り、淹れる時間も測っていて驚きます。プロの微調整は凄まじいです。例えば、1杯が豆:お湯=X:Yの分量比だとして、もし4杯つくるならプロは4X:4Yの単純な比例は使わず、さらに微調整して淹れるそうです。

もちろん、簡単においしい一杯がつくれるインスタントコーヒーも好きです。ただ、やっぱり自分でいちから入れるコーヒーは、特別においしく感じますね。


参考サイト・文献

  1. The Hawaii Department of Agriculture’s, HAWAII COMMODITIES REGULATIONS COFFEE BEANS (Green), https://hdoa.hawaii.gov/qad/commodities-branch/, Accessed May-29-2022.
  2. The Hawaii Department of Agriculture’s, HAWAII ADMINISTRATIVE RULES, https://hdoa.hawaii.gov/wp-content/uploads/2012/12/Chapter-4-143.pdf, Updated May-17-2017, Accessed May-29-2022.
  3. The Hawaii Department of Agriculture’s, SUMMARY OF CHAPTER 4‐143 (effective July 1, 2020) HAWAII ADMINISTRATIVE RULES ‐ STANDARDS FOR COFFEE, https://hdoa.hawaii.gov/qad/files/2020/07/2020-Coffee-HAR-143-Summary-Defects-Allowance-back-to-15-eff-July1.pdf, Accessed May-29-2022.
  4. ROYAL KONA, Kona Coffee – Why So Expensive?, https://www.royalkonacoffee.com/kona-coffee-expensive/, Updated Aug-28-2015, Accessed May-29-2022.
  5. 若松和紀, 「極める 愉しむ 珈琲事典」, 西東社, 2017年12月.
タイトルとURLをコピーしました